マンネリの毎日が続いている方は梅田のセクキャバに行こう!

SITEMAP

女性

セクキャバのサービスタイムはギリギリのライン寸前で留めるのがコツ

セクキャバでサービスタイムに突入すると、これまで比較的落ち着いてトークを交わしていた女性が急に大胆となり、積極的に感じられるもの。これがいわゆるお触りタイムか、と自分の頭の中ではある程度納得しているものの、それでさえ自分の情欲に負けてしまいそうな瞬間が訪れるケースもあるかも知れません。
女性が急に接近してきて身体を預け、豊かなバストや下半身が押し付けられるのですから、それは無理もなく、初心者なら理性を保つだけで精一杯という感じになってしまうもの。ただセクキャバは本格的なプレイを楽しむ風俗ジャンルではありませんから、その先の分別は重要。上手く自分の感情をコントロール出来れば本物です。
女性のバストやお尻を触るまではOKなものの、股間を触ったり、あるいは女性の手を自らの股間に誘導したりするのはNG、というルールのお店が多く、いかにしてそのギリギリのラインを攻め興奮や快感を覚えられるかが、気持ち良くセクキャバのサービスタイムを満喫出来るかのカギとなります。
これ以上はダメ、というラインに関しては、その一線を少しでも越えれば女性がナチュラルな仕草で拒否の反応を示すパターンが多く、慣れればすぐに分かるもの。またそこまで至らずとも、予め可能なラインを入店時にお店のスタッフに訊き確認を取る、という心掛けは大切でしょう。

Recent Entry

List

TOP